CARADAお薬手帳のアプリ詳細はこちらからご覧いただけます。

できること

 調剤履歴の参照
 

専用の管理画面で登録患者様の服用情報を一元的に継続して管理ができます。
(日本薬剤師会のリンク付けサーバにも対応予定)

 調剤予約
 

スマホで処方せんを撮影し薬局へ送信。患者様の待ち時間を短縮できます。
※処方せん受信時にプリンターからの自動印刷もオプションとしてご用意しています。受信音も3種類から選べます。

 お薬情報自動登録
(オプション)

お薬情報を自動で登録。QRの登録忘れ防止はもちろん、患者様や薬局様の手間が省けます。

今後、情報配信、副作用モニタリングなど、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師を支援するサービスを順次リリースしていきます。

万全なセキュリティ

 2重の暗号化

金融機関のインターネットバンキングと同レベル以上(4096ビット, SHA-2)のSSL証明書によって通信データを暗号化。さらに、クライアント証明書を使 い薬局とサーバー間での認証を行い悪意ある第三者からのなりすまし対策をしています。

 バックアップ

各サーバの冗長化を始め、お預かりするデータは日本国内の異なる地域のサーバーに強度の高い暗号化を行ったうえ二重にバックアップしています。 東日本大震災などの災害時でもデータは全て守られます。

 不正アクセス対策

第三者機関によるサイト自体の脆弱性診断、セキュリティーチェックも定期的に実施しております。
侵入検知、改竄検知、脆弱性対策フィルタ、パ ケットフィルタリングと呼ばれるツール類を使いデータやシステムの安全性を担保しています。また、それらの検知結果と各サーバやネットワークの使用状況を常に監視し有事の際には迅速な対応が取れるよう対策しております。

導入の流れ

お申込み後、 薬局様ごとにクライアント証明書を発行させていたさきます。
既存のパソコンに設定していただくだけでサービスを開始できます。

オプションサービス

調剤予約時に処方せん自動印刷(受信音付)をご希望の方

Windowsアプリ(Win-Bridge)を別途インストール

お薬情報の自動登録をご希望の方

NSIPS(※)の出力設定とWindowsアプリ(Win-Bridge)を別途インストール

  •        
  • NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。NSIPSは社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)